お気に入りの面白さ

新しい曲の譜読みを始めたとき

その曲がどんな曲かを瞬時に理解して深い演奏をするのは

よほどの熟練した人でなければできないこと。


わたしは言うまでもなく、そんな力量は現在もってないので

時間をかけてヨボヨボとやっているのですが

ヨボヨボは酷いので、せめてヨチヨチにしておきましょうか。。


その途中で、お気に入りの面白さがやってくるのです。


できないことができるようになる面白さもありますが

何となく…この曲はこうだよ、と楽譜から弾いた音から

立体的に聴こえたり観えたりする瞬間が

とても気に入っている面白さなのです。


知らない曲でも不安なく弾けるようになるために

この数年は古典の練習曲を弾いているのですが

ただの勉強だと、必要があるからやっている。

そう思っていただけでしたが。。


物言わぬように見えるものが、実はそうではなかった。

それが「この曲のここ、美味しいでしょう?」に繋がっていてるし

思いもよらない面白さを見つけてしまったのです。



おとのは

クラシックギター弾きです。 ごゆっくりご覧くださいませ♪

0コメント

  • 1000 / 1000