正しさは苦しい…けれども

『やる気と能力を120%引き出す奇跡の指導法』を読んでいます。


こういう本を読むと

書いてあることが絶対的に正しいわけでもないのに

(正しいかもしれないけど)

書いてあることが絶対的に正しいという目で読んで

それに合っていない自分を否定してしまうのです。


本当の わたしはボーっと、のほほんとしているので

(意識が低い人と言うらしい)

わたしの存在を否定されたような気になるのです。


これは何度か記事で書いたかと思うけど。。



わたしは、いつだって わたしなので

否定する必要などないのに。


まだまだ、修行(?)が足りないようです。


本当の自分の強い反応が面白いけど

できるようになりたいことがあるから

必要な正しさとして本の中の正しさを

取り入れてみようと思うのです。


その先には必ず誰かがいるから。

そう想うから。

おとのは

クラシックギター弾きです。 ゆっくりご覧くださいませ♪

0コメント

  • 1000 / 1000